横浜市 港北区 日吉 ひよしペインクリニック 痛みの治療 頭痛 帯状疱疹 神経痛 慢性疼痛

ひよしペインクリニック

045-563-1804

東急東横線、東急目黒線、横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉駅」徒歩3分
〒223-0062 神奈川県横浜市港北区 日吉本町1-17-36

治療方法について

カフェ然
完全予約制
  • 初めてご来院の方へ
  • 治療領域について
  • 整形外科領域
  • 皮膚科領域
  • 内科・そのほかの領域
  • 治療方法について
  • 神経ブロック注射
  • 漢方薬
スマートフォン専用サイト

神経ブロック注射

神経ブロック注射

ペインクリニックで最も多く治療に使われる方法です。
主に局所麻酔薬を神経の近くに注射し、神経の刺激伝導をブロック(遮断)します。
しかし、「麻酔で神経を麻痺させて一時的に痛みを感じなくさせる」ことが目的ではありません。
痛みは放置すると交感神経の緊張を招き、それによって血行が悪くなり、さらに痛みが増すという悪循環を生じると言われています。
神経ブロックはその悪循環を断ち切って慢性化を防ぐこと、また痛みを感じる神経のみならず交感神経がブロックされることで、血行改善効果、抗炎症効果を発揮し、痛みを根本的に改善させることを目標にしています。
一回の注射で痛みが消失に至ることは困難ですが、繰り返し行うことで軽快していきます。
しかしながら、ブロックは万能な治療法ではありません。
リスクも伴う方法ですので、適応を正確に見極め、必要最低限の施行にとどめるべきだと考えています。
また、ブロックだけで完全に痛みが消失しない場合もありますので、他の方法も含めて多角的にアプローチする必要があります。

漢方薬

漢方薬

西洋薬が、主に症状を抑えることが目的の薬剤が多く、副作用も多いのに比べて、漢方薬は、患者様の体質、症状、日常の環境などを考慮し、その方に合った生薬を処方することで、身体にやさしく、しかも驚くほどの効果を発揮することがあります。
当院では、積極的に漢方薬を併用するよう努めています。

ひよしペインクリニック
pagetop